MENU

YOKOHAMA
B-CORSAIRS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>TEAM>3月11日(土)琉球戦にて、青木H.C.に宣告されたテクニカルファウルについて

3月11日(土)琉球戦にて、青木H.C.に宣告されたテクニカルファウルについて

 

いつも熱いご声援をありがとうございます。

3月11日(土)に行われた琉球ゴールデンキングス戦にて、青木ヘッドコーチに対し宣告されたテクニカル・ファウルの判定に関する質問状に対して、リーグより真摯な回答をいただきました。
クラブとしては、リーグや審判を非難する目的ではなく、クラブ、リーグの発展のために行ったことであり、ブースターの皆様にもその旨ご理解いただきたいと存じます。

回答の主旨は以下のとおりです。

 

1.青木H.C.に対して宣せられたテクニカル・ファウルはタイムアウトの超過請求によるものではなく、競技規則36.3.2「(省略)ゲームの進行や運営に支障をもたらしたりすること・・」により宣せられました。

2.ゲームが止まったことは事実であるものの、タイムアウトは成立していないことやゲームを止めたのが審判であった等の状況を鑑みると、その現場でベストを尽くそうとした判断とはいえ、この条項をあてはめてテクニカル・ファウルを宣することは適切ではなかった。

 

クラブはこれを受諾いたしました。
クラブとしましては、リーグと協力し、本件を今後に生かしていきたいと考えております。

引き続きご支援、ご声援を賜りますようお願い申し上げます。


株式会社横浜ビー・コルセアーズ

 

RELATED

関連ニュース