MENU

横浜ビー・コルセアーズ

YOKOHAMA
B-CORSAIRS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 河村勇輝選手 入団記者会見コメント

河村勇輝選手 入団記者会見コメント

いつも熱いご声援をいただき、ありがとうございます。
2020年12月22日(火)に、Bリーグ2020-21シーズン#0 河村勇輝選手の入団記者会見を実施いたしました。
※河村勇輝選手の特別指定選手登録サプライズ発表の様子はこちら
※サプライズ発表の舞台裏はこちら

 

#0 河村勇輝(Yuki Kawamura)

  •  ポジション  PG(ポイントガード)
     生年月日   2001年5月2日
     身長/体重  170m/63kg
     出身地    山口県柳井市
     出身校    柳井中学校→福岡第一高等学校→東海大学 在学中
     




     

代表取締役 兼 ゼネラルマネージャー 植田哲也 ご挨拶・入団経緯説明

 本日はお忙しい中、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。改めまして、横浜ビー・コルセアーズは河村勇輝選手を特別指定選手として登録したことをご報告いたします。
 獲得に至った経緯は、私から説明させていただきます。まず、クラブの編成間で、特別指定選手のリストアップがされていて、その中に河村選手もリストアップされていました。
 U16の日本代表としての活躍と、福岡第一高校での実績、昨シーズン高校生ながらB1デビューを果たした時から注目をしていました。B1で戦う実力を持ち合わせていて、チーム・選手の力を引き出すことができる、我々が求めている速いゲーム展開を作り出すことができる。また、状況に応じて自分で打開する得点力を持っている点、バスケットに対する姿勢が素晴らしい点、19歳ながら堂々としたプレー、オンコートでは指示を出し、非常に熱いプレーをする選手です。困難に立ち向かいながらチームの勝利を第一優先にして考えている点から、第一候補としてあがっていました。
 獲得した理由は、河村選手が加入することによってまた一段とビーコルが浮上できるキッカケになる。クラブ内の競争が生まれる。昨シーズン、メディアを賑わせた圧倒的な存在感がある。そうした経緯から、この度横浜ビー・コルセアーズ、海賊船団の一員として加入することになりました。

 

カイル・ミリングヘッドコーチ ご挨拶

 みなさん、こんばんは。今日はお集まりいただきありがとうございます。
 チームの編成から河村選手の話を聞き、ハイライトやビデオを見て、この決断に至るまで時間がかからなかったです。
 河村選手は若い選手ですが、プレー面でも人間性の面でもとても大人っぽいと感じています。
シーズンが始まりたくさん試合をしてきましたが、惜しい結果になってしまう試合が続いていました。河村選手のみに頼るわけではないですが、河村選手が加入することにより、1ピース欠けていたものを加えることができると思いこの決断に至りました。河村選手だけが活躍しても試合は勝てないので、チームのラスト1ピースとしてフィットしてくれると思っています。
 今日までに2回合流して練習しましたが、才能をとても感じ、人間性やバスケスタイルの面でもチームにすぐにフィットできると確信しました。河村選手を獲得するにあたり、人間性やポジティブなエナジーをもたらしてくれるかどうかを大切にしているので、そういう点でもすぐにチームにフィットできると思っています。
 河村選手と同じポジションの選手はもちろんいますが、ゲームメーカーがさらに一人加わるということは戦術面で今まで以上に私が目指すバスケットボールができるようになり、それはチームにとってもとても大きなことです。河村選手が加わることによって、チームがさらに浮上するきっかけになると思っています。

 

 

河村勇輝選手 ご挨拶

 この度、横浜ビー・コルセアーズの特別指定選手として加入することになりました、東海大学の河村勇輝です。
 まず、このBリーグの舞台でプレーをする機会を与えてくださった、横浜ビー・コルセアーズのスタッフ・関係者の皆様、本当にありがとうございます。
 自分の持てる力を最大限発揮して、チームの勝利に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。今日はよろしくお願い致します。

 

横浜ビー・コルセアーズ入団の意気込み

「Y」です。横浜の「Y」、勇輝・勇気の「Y」、喜びの「Y」の頭文字を取りました。ビーコルブースターのみなさんや小さな子どもたちに希望や勇気、喜びを与えられるような選手になりたいと思っています。そういった意味で、「Y」にしました。

 

代表質問

質問1:横浜ビー・コルセアーズというチームの印象は?
河 村:先輩方がコミュニケーションをとってくださったり、暖かく迎え入れてくださって、素晴らしい先輩方だなと思いました。
 B1、B2リーグ最年長の竹田謙選手などのベテラン選手から最年少のケドリック・ストックマン・ジュニア選手まで年齢層がとても幅広く、大学とは違う環境でプレーができるので、学ぶことが多いと思います。

質問2:今年三遠ネオフェニックスで特別指定選手としてBリーグデビュー、東海大学に進学して日本一を経験、12月に特別指定選手として横浜ビー・コルセアーズに加入しましたが、2020年はどんな一年でしたか?
河 村:三遠ネオフェニックスに所属していた時も試合に出場させていただき、たくさんの良い経験をさせていただきました。ただそのあとはコロナの状況でなかなかバスケットができない状況でしたが、バスケットができることのありがたみをこの一年すごく感じましたし、バスケットができることが当たり前じゃないということに感謝をして頑張っていきたいと思います。

質問3:2021年、横浜ビー・コルセアーズの一員として新しい一年を迎えます。抱負を教えてください。
河 村:年始からホームゲームが始まり、自分にとっても挑戦の年になります。まずは3ヶ月、横浜ビー・コルセアーズの一員として1勝でも多くチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。

質問4:明日からバスケットLIVE、スポーツナビでもウィンターカップが配信になります。昨年活躍した大会から1年後、大会前日での入団記者会見、大会期間中で横浜ビー・コルセアーズデビュー予定ということで、Bリーグファンはもちろん、高校バスケファンの注目も集まると思います。バスケットLIVEで配信をご覧になっている高校生、高校バスケファンにどのような姿を見せたいですか?デビュー戦に向けての意気込みと合わせてお願いします。
河 村:今年はインターハイや国体、たくさんの全国大会が開催されず、とても辛い思いや悔しい経験をしたと思います。今回、たくさんの方のご尽力がありウィンターカップが開催されるにあたり、ぜひウィンターカップも頑張ってもらいたい気持ちがあります。
 自分もそのウィンターカップと同じ時期の12月26日(土)・27日(日)にデビュー戦となるんですが、高校生に勇気を与えられるようなプレーやチームの勝利に貢献できるようなプレーをしていきたいと思っています。

 

ファンクラブ会員様 代表質問

質問1: 横浜国際プールにサプライズ登場した時の会場の反応はどのように感じましたか?
河 村:ブースターのみなさんが暖かく迎え入れてくださって、嬉しい気持ちもありましたし、ビーコルブースターのみなさんの前で早くプレーがしたいなという気持ちになりました。

質問2:この一年で随分と筋肉がついたようですが、どんなトレーニングをしましたか?
河 村:この一年間は、三遠ネオフェニックスの特別指定選手としてBリーグでプレーをした時に、フィジカル面や筋力面が自分の中で課題として浮き彫りになったので、この一年間は筋力アップやフィジカルトレーニングに励みました。
 トレーニングはさほど特別なことはしていませんが、睡眠時間を確保したり、食事の面でしっかりと栄養面を考えて食事をとったり、そういった部分に意識を置いて、トレーニングの部分では東海大学の環境が素晴らしいので、東海大学で習って行っていました。

質問3:ぼくはミニバスでPG(ポイントガード)をやっています。河村選手のように試合中、自分も活きて、チームも活かされるガードになりたいです。一瞬の判断はどのようにして磨いていけばいいですか?なにか練習方法や、気をつけている要素はありますか?
河 村:まず、ミニバスの時点でそこまで考えられていてすごいなと思います。アドバイスとしては、自分が活きて、チームメイトも活かすことができるプレーヤーになるためには、バスケットは一人でプレーするものではないので、チームメイトとともにプレーをする上で信頼関係がとても大切になると思います。バスケットコート内外でしっかりとコミュニケーションをとって、いろんな意見や自分の主張を共有することで信頼関係が築いていけると思うので、そこをしっかりやってほしいなと思います。
 一瞬の判断はすごく難しいですが、意識しているのは試合のコートの中に入っていても、ベンチにいても、コートの中で起こっていることを把握すること、今何が起こっているのかをPGとして把握することがとても重要だと思っているので、そういったところを意識してもらいたいと思います。
 

 
 

河村勇輝選手グッズ 先行販売決定!

河村勇輝選手の横浜ビー・コルセアーズホームデビュー戦、横浜国際プールにて開催される1月2日(土)・3日(日)滋賀レイクスターズ戦の試合会場で、グッズ先行販売がスタートします!河村選手のデビュー戦はグッズをゲットして、熱い応援を送ってください!