MENU

YOKOHAMA
B-CORSAIRS

MENU

TEAM

HOME>TEAM>横浜ビー・コルセアーズとは
 

横浜ビー・コルセアーズとは

チーム名

一般公募により寄せられたチーム名、総計455案を基に制作。皆さんがチーム名に込めてくださった熱い思いを結集し、「B-CORSAIRS」と名付けられました。
B:Blue, Black Ships, Blues, Bay, Big, Basketball
C:Claps, Cradle, Chronos
O:Ocean, Oleada
R:Red Shoes, Rainbow, Royal,Roses, Rex
S:Sea, Sun, Sky, Star, Shark
A:Anchor, Aqua, Azurs
I :International, Illusion, Imagine
CORSAIRSは海賊達、海賊船団という意味です。

ホームタウン

エンブレム

海賊帽の形自体が船首をイメージしており、また海賊帽の縁が「ハ」の字、エンブレムの溝が「マ」の字を形作っています。市花であるバラと共に、横浜のアイデンティティとし て取り入れました。日本のトップリーグのチームにふさわしく、強くて誰もが憧れを抱くカッコ良さを感じさせるよう、「シンプルである」ことと、「メジャー感を出す」ことを 念頭にデザイン。自信に満ちあふれた若くて精悍なイメージの青年船長をチームの象徴としました。

マスコット

海から生まれた、波の髪を持つ少年「コルス」。
株式会社サンリオにて、ハローキティ等、多くのキャラクターデザインに携わられた百瀬博之氏がデザイン。コンセプトは「ブースターのシンボルとしてチームを応援し、夢の実現のために貢献できるキャラクター」であること。横浜、海賊とのキーワードから、【海(BEACH)から生まれた少年】をイメージし、キャラクター化しました。

活動理念

①市民の生活に「近い」球団
首都圏ならではの立地を活かし、様々な企業とのコラボ、及び多様な地域貢献活動など、生活に溶け込んだ球団に
②新たなスポーツエンターテインメントの提示
過去、bjリーグで培ったノウハウと、バスケットボールならではの観客との「近さ」を活かした演出
③青少年育成への貢献を通じた若年層との「近さ」
アカデミー部門を設立、神奈川県下で700名を保有
④地域バスケットボールプレイヤーの憧れとなる、夢への「近さ」
Jr.ユースより、U-16日本代表が選出。新リーグ発足時には日本初のユース出身TOP選手の在籍を目指している

チームヒストリー

2010-2011

7月 神奈川県プロバスケットボールチーム設立委員会説明会 開催
8月 bjリーグ 新規参入決定
9月 横浜市長へ表敬訪問。クラブ発足及びリーグ参入についてご報告
10月 チーム名決定
1月 ロゴマーク決定
5月 第一回チアパフォーマーオーディション開催
6月 第一回チームトライアウト開催
9月 マスコットキャラクター決定

2011-2012

10月8日 チーム初シーズンでのbjリーグ開幕
10月9日 チーム初勝利
※vs浜松・東三河フェニックス@横浜文化体育館
4月 イースタン・カンファレンス 2位
5月 ファイナルズ 3位

2012-2013

4月 イースタン・カンファレンス 2位
5月 ファイナルズ イースタン・カンファレンス 優勝
ファイナルズ bjリーグ 優勝
B-ROSE ベストパフォーマンス賞受賞

2013-2014

6月 経営体制の刷新、植田哲也・現球団代表就任
10月 横浜ビー・コルセアーズ ジュニアユース設立、第一回トライアウト
11月 横浜ビー・コルセアーズ チアリーダーズB-ROSEユース設立、第一回オーディション
4月 イースタン・カンファレンス 7位

2014-2015

4月 イースタン・カンファレンス 10位

2015-2016

8月 2016年秋開幕の「Bリーグ」1部での参入決定
4月 イースタン・カンファレンス 10位
5月 bjリーグ・ベストブースター賞受賞