MENU

横浜ビー・コルセアーズ

YOKOHAMA
B-CORSAIRS

MENU
TEAM

TEAM

HOME > チーム情報 > 横浜ビー・コルセアーズとは
 

横浜ビー・コルセアーズとは

チーム名

一般公募により寄せられたチーム名、総計455案を基に制作。皆さんがチーム名に込めてくださった熱い思いを結集し、「B-CORSAIRS」と名付けられました。
B:Blue, Black Ships, Blues, Bay, Big, Basketball
C:Claps, Cradle, Chronos
O:Ocean, Oleada
R:Red Shoes, Rainbow, Royal,Roses, Rex
S:Sea, Sun, Sky, Star, Shark
A:Anchor, Aqua, Azurs
I :International, Illusion, Imagine
CORSAIRSは海賊達、海賊船団という意味です。

   

ホームタウン

   

エンブレム

海賊帽の形自体が船首をイメージしており、また海賊帽の縁が「ハ」の字、エンブレムの溝が「マ」の字を形作っています。市花であるバラと共に、横浜のアイデンティティとし て取り入れました。日本のトップリーグのチームにふさわしく、強くて誰もが憧れを抱くカッコ良さを感じさせるよう、「シンプルである」ことと、「メジャー感を出す」ことを 念頭にデザイン。自信に満ちあふれた若くて精悍なイメージの青年船長をチームの象徴としました。

   

マスコット

海から生まれた、波の髪を持つ少年「コルス」。
株式会社サンリオにて、ハローキティ等、多くのキャラクターデザインに携わられた百瀬博之氏がデザイン。コンセプトは「ブースターのシンボルとしてチームを応援し、夢の実現のために貢献できるキャラクター」であること。横浜、海賊とのキーワードから、【海(BEACH)から生まれた少年】をイメージし、キャラクター化しました。

   

ホームアリーナ

横浜ビー・コルセアーズのホームゲームは、ホームゲーム全30試合の約8割の舞台となるメインアリーナ「横浜国際プール(横浜市都筑区)」の他、「トッケイセキュリティ平塚総合体育館(平塚市)」、「横浜武道館(横浜市中区)」で開催予定です。
アリーナによって会場レイアウトや料金等が異なりますので、各アリーナでの開催日程等も含め、それぞれのページにてご覧ください。


 

横浜国際プール詳細はこちらから

◇住所:横浜市都筑区北山田7-3-1 (Google MAP
 

※「トッケイセキュリティ平塚総合体育館(平塚市)」、「横浜武道館(横浜市中区)」の情報についてはただいま準備中です。ご案内まで今しばらくお待ちください。

   

活動理念

 
①市民の生活に「近い」クラブ
首都圏ならではの立地を活かし、様々な企業とのコラボ、及び多様な地域貢献活動など、生活に溶け込んだクラブに

②新たなスポーツエンターテインメントの提示
過去、bjリーグで培ったノウハウと、バスケットボールならではの観客との「近さ」を活かした演出

③青少年育成への貢献を通じた若年層との「近さ」
アカデミー部門を設立、神奈川県下で700名を保有

④地域バスケットボールプレイヤーの憧れとなる、夢への「近さ」
Jr.ユースより、U-16日本代表が選出。新リーグ発足時には日本初のユース出身TOP選手の在籍を目指している

 

SDGsの取り組み

株式会社横浜ビー・コルセアーズでは、SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)を世界の持続可能な社会実現のための共通課題として取り組むべきものとして捉えております。(参考:SDGsとは?

 
 
  • SDGs4


    ~ 将来のプロ選手を目指す子供たちへの教育 ~
  • SDGs4
   
  • SDGs3


    ~ 少子高齢化の現在に健康寿命を延ばす体操教室の開催 ~
  • SDGs3
   
  • SDGs11


    ~ スポーツが街づくりの一環となり、住民と楽しみを共有する ~
  • SDGs11