MENU

横浜ビー・コルセアーズ

YOKOHAMA
B-CORSAIRS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【まとめ】FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選について

【まとめ】FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選について

Masaaki MORIKAWA

いつも熱いご声援をいただきありがとうございます。

先日、2021年11月27日(土)、28日(日)に宮城県仙台市にて開催される「FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選」Window1の予備登録選手メンバー24名に横浜ビー・コルセアーズから #9森川正明選手が選出されたことをお知らせいたしました。

今回は、このFIBAバスケットボールワールドカップ2023の大会概要とアジア地区予選の仕組みについてご説明します。少し長くなりますが、ぜひ最後までご覧いただいて知識を深めていただき、ご家庭や職場やご近所で、森川選手について、横浜ビー・コルセアーズについて、日本の男子バスケについて、熱く熱く語っていただければ幸いです。
 

FIBAバスケットボール・ワールドカップとは?

FIBAバスケットボール・ワールドカップ(FIBA Basketball World Cup)は、 4年に一度、 夏季オリンピックの中間年に開催される大会です。 2010年大会まではバスケットボール世界選手権( FIBA WorldChampionship )という名称でしたが、2014年大会から現在のようなワールドカップという名称に変わりました。

FIBAバスケットボールワールドカップ2023(FIBA Basketball World Cup 2023)は、2023年8月25日~9月10日にフィリピン、日本(沖縄)、インドネシアの3カ国共催で開催されます。出場権が与えられるのはヨーロッパ12枠、アメリカ大陸7枠、アフリカ大陸5枠、アジア・オセアニア8枠の計32カ国。

アジア出場枠については、日本とフィリピンは開催地として出場枠を得ており、インドネシアは来年7月に行われる「FIBAアジアカップ2021」で上位8チームに入った場合に開催国枠が与えられます。そのため、日本とフィリピンについては、アジア予選1次ラウンドの結果に関わらず2次ラウンドに進出が決定しており、2次ラウンドも結果に関わらずワールドカップへの出場が決定しています。

 

アジア予選について

アジア予選の1次ラウンドは16チームを4つのグループに分け、グループ内の上位3チームが2次ラウンドへ進出します。続く2次ラウンドでは12チームを2つのグループに分け、1次ラウンドで対戦しなかったチームとホーム&アウェーで戦い、グループの上位3チーム(合計6チーム)と日本・フィリピン(合計2チーム)の計8チームが本大会の出場権を得ます。予選は「Window」と呼ばれる期間(9日間)に開催され、1~6の各Windowで2試合行います。

 

●アジア予選1次ラウンド組み合わせ
・グループA
ニュージーランド、韓国、フィリピン、インド
・グループB
オーストラリア、中国、日本、チャイニーズタイペイ
・グループC
ヨルダン、レバノン、インドネシア、サウジアラビア
・グループD
イラン、カザフスタン、シリア、バーレーン

●アジア予選2次ラウンド
・グループE
フィリピン、A1位、A2位、C1位、C2位、C3位
・グループF
日本、B1位、B2位、D1位、D2位、D3位

 

アジア予選の開催期間について

予選は2022年11月から2023年の2月にかけて行われ、HOME&AWAY方式で対戦します。
●1次ラウンド
【Window1】 2021年11月22日-30日
2021年11月27日(土) 中国vs日本
2021年11月28日(日) 日本vs中国
※新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりHOME&AWAY方式ではなくバブル方式(宮城県仙台市)で2試合開催。

【Window2】2022年2月21日-3月1日
2022年2月25日(金)チャイニーズタイペイ(HOME) vs 日本
2022年2月28日(月)オーストラリア(HOME) vs 日本

【Window3】2022年6月27日-7月5日
2022年6月30日(木)日本(HOME) vs チャイニーズタイペイ
2022年7月3日(月)日本(HOME) vs オーストラリア

●2次ラウンド
【Window4】2022年8月22日-30日
【Window5】2022年11月7日-15日
【Window6】2023年2月20日-28日
※日程については新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては変更の可能性があります。

 

男子バスケットボール日本代表は、東京五輪女子バスケットボール日本代表を銀メダルに導いたトム・ホーバス ヘッドコーチが今年9月に就任。その初めての代表戦に挑む今回の日本代表候補選手24名(予備登録メンバー)は、八村塁選手や渡邊雄太選手といったNBAプレーヤーが不在、すべてB.LEAGUE所属選手です。中国戦に出場する最終メンバー12名は、この予備登録メンバーから選出され、試合前日までに開催されるFIBAテクニカルミーティングでの承認を経て決定します。

トム・ホーバスヘッドコーチが率いる初めての日本代表戦、そして結果に関わらず本大会出場が決定している今回の予選ラウンド。きっと様々な選手に出場機会が与えられるのではないでしょうか?日本代表のユニフォームを着て、コートで戦う森川選手にご期待ください!そして日本代表に熱いご声援をよろしくお願いします!

 

関連リンク

・FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選 公式サイト
https://www.fiba.basketball/basketballworldcup/2023/asian-qualifiers(英語)
https://www.fiba.basketball/jp/basketballworldcup/2023/asian-qualifiers(日本語)

・FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選 組み合わせ決定(JBA)
http://www.japanbasketball.jp/release/60745

・【公式】FIBAバスケットボールワールドカップ2023 PHILIPPINES・JAPAN・INDONESIA
https://okinawacity2023.org

・森川正明選手「FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選」Window1 男子日本代表候補選出のお知らせ
https://b-corsairs.com/news/team_20211115-2/

 
Masaaki MORIKAWA